親が入っていた生命保険が確認できる新しい制度とは?

親が入っていた生命保険が確認できる新しい制度とは?

2021年7月から「生命保険契約照会制度」という制度が始まりました。

この制度を利用すると、自分の家族が、どの会社のどの生命保険に加入していたかを確認できます。

死亡と認知症が対象
「生命保険契約照会制度」は、生命保険会社の業界団体である一般社団法人 生命保険協会が窓口になります。

制度の対象となるのは、次の2つの場合です。

親や家族が死亡した場合
親や家族の認知判断能力が低下した場合
これらの状態で、「生命保険契約の有無が分からない」ときが対象です。

なお、大きな災害のときは「災害によって死亡または行方不明のとき」も対象となります。

「生命保険契約照会制度」を利用すると、どこの会社の、どの保険に入っているかが確認できます。

それが分かれば、今度は、保険会社に問い合わせて、保険金の請求を行なうことができます。

スポンサーリンク

利用は1回3,000円。書類も必要

「生命保険契約照会制度」の利用は有料で、照会1回当たり3,000円(税込み)です。

また、利用にあたっては、「戸籍」や「診断書」など規定の書類が必要となります。必要な書類については生命保険協会のWebサイトで確認してください。

多少の手間と費用は必要ですが、これまで手探りで生命保険の加入の有無を調べていた状態に比べれば、ずっと簡単です。

スポンサーリンク

事前に書類と銀行口座で確認を
「生命保険契約照会制度」を利用する前に、自分で家族の生命保険を確認するには、どんな方法があるのでしょう。

参考までに確認しておきましょう。

スポンサーリンク

これには、次の3つの方法があります。

契約を証明する「保険証書」を探す
保険会社から来る郵便物などの通知を探す
通帳を確認し、保険料の引き落としがないか確認する

つまり、生命保険の契約の手がかりとなる書類を探し、それが見つからないときは保険料の引き落としを確認するわけです。

まず、これをやってみて、それでも見つからないときは「生命保険契約照会制度」を利用しましょう。

スポンサーリンク

自分の子供には重要な書類の場所を伝える
「生命保険契約照会制度」は、これまで、自分で調べることしかできなかった生命保険の契約が確認できる、とても便利な制度です。

ただし、家族の間で、生命保険証書の場所が共有できていれば、この制度を利用する必要はありません。

終活の一環として、生命保険証書などの重要な書類をしまってある場所を家族に伝えることを検討してください。

スポンサーリンク

いかがでしたか。

親が入っていた生命保険が確認できる
あなたは、自分の親が入っている生命保険の会社名や保険の種類を知っていますか。

「生命保険に入っていた」という記憶はあっても、どの会社の、どの保険なのかは知らないことの方が多いのではないでしょうか。

もしかしたら、生命保険に加入していたかどうかすら分からないかもしれません。

例えば、何も言い残さずに親が死んでしまうと、これまでは、自分で保険関係の書類を探すしか方法がありませんでした。

しかし、2021年7月から「生命保険契約照会制度」という制度が始まりました。

この制度を利用すると、自分の家族が、どの会社のどの生命保険に加入していたかを確認できます。

「たしか生命保険に入っていたはずだけれど、保険証書が見つからない」というときのために、覚えておきたい制度ですね。



スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする