13・年金への不安・不満世代間格差をどのように認識していますか?

前々回から日本の年金制度の歴史を振り返りながら、年金の世代間格差について考えてみましたが、まだ少し続きがあります。昭和60年改正」は1946年(昭和21年)生まれの世代が対象で、年金計算式の「引き下げ」は完了していますが、1946年(昭和21年)以降に生まれた世代には何か違いがあるのでしょうか。

12・年金への不安と不満・格差を生んだ日本の年金制度の歴史

日本の年金制度の歴史は、終戦直後の高度経済成長期から1973年頃まで、低い「年金単価」を引き上げてきましたが、ここまでは年金制度の一般的な理論とは「逆コース」になります。実は、戦前の年金水準は先進国の年金制度と比べてもそれほど劣っていなかったのですが、終戦後は国民経済が疲弊していたため、年金額や年金保険料が減額されていたのです。

11・年金への不安と不満・金の世代間格差はどうなってる?

今回から「年金への不安・不満」の「不満」編に入っていきましょう。年金制度への不満の第一は、"世代間格差 "だと思います。昭和一桁の世代を親に持つ人はそう感じるかもしれませんが、実際には年金の世代間格差はかなり大きいですよね。なぜそうなってしまったのか。

10・年金に対する不安と不満・年金積立金の運用について

これまでやや悲観的だった年金支給水準。ここでは少しポジティブな話題に切り替えてみましょう。年金制度には積立金があります。厚生労働省が発表しているデータによると、2014年(平成26年)末時点で年金積立金は203.6兆円。厚生労働省のホームページから辿ることができる2003年(平成15年)以降の期末積立金残高の推移は

NO IMAGE

9・年金に対する不安と不満の声年金水準はどこまで下がるのか?

政府は、年金制度を維持するための対策(年金カット法案等)を行っているが、十分ではない。したがって、年金制度が崩壊することはありませんが、年金の支給水準が下がることは覚悟しなければなりません。 以上が、"年金制度は破綻するのか?"というテーマに対する私の答えです。では、年金の支給水準はどれくらい下がるのでしょうか。

8・年金への不安と不満の声”100年安心 は制度的には一歩後退

何度か「年金カット法案」を説明する中で、「安心の100年」を謳った「2004年改正」について触れました。今回は少し脱線しますが、"100年の安心 "の意味についてお話したいと思います。100年安心」という言葉は、「100年なら大丈夫」というポジティブな印象を与えると思いますが、実は年金財政の面では一歩後退しています。

7・年金への不安と不満年金カット法案は中途半端?

「年金改革法案(年金カット法案)」による「マクロ経済スライド」機能不全修正法案ですが、修正がやや中途半端になっています。マクロ経済スライド」が機能不全に陥ったのは、デフレ下での実施を想定していなかったからである。しかし、「年金改革法案(年金カット法案)」が成立しても、デフレ下では実施されない。

6・年金に対する不安と不満の声・マクロ経済スライド」とは?

「2004年改正」の内容は多岐にわたりますが、主な改正点は、基礎年金給付費の国庫負担率(税金から年金給付を補助することを「国庫負担」といいます)を、3分 1から2分の1にして、段階的に保険料を引き上げること2017年(平成29年)1年間で国庫負担率を確定させること。そして「マクロ経済スライド」です。

5・年金に対する不安や不満を解消するために年金カット法案とは?

「年金改革法案」が成立しました。この法案は、前回も少し触れましたが、年金制度の維持・継続のための法案です。年金制度の持続可能性が危ぶまれているのは、その財政の問題であり、制度を維持・継続するためには、年金の支給水準を徐々に下げていかなければならない。当然、「年金改革法案」の内容もそのようになっています。

4・年金への不安と不満:年金制度は破綻するのか?

今回からは、いよいよ本編です。まずは、"年金への不安と不満 "という文脈で、さまざまなトピックを取り上げてみましょう。年金への不安といえば、ニュース番組などの街の声のように「どうせ年金なんてもらえない」など、年金制度が維持できるのか?ということになるだろう。現代は情報化社会なので、「(将来的に)年金制度が破綻する」

スポンサーリンク