3・年金に強い社会保険労務士の次の大切な一手とは?!

年金に強い社会保険労務士の次の大切な一手とは?!

年金制度は、人々の多様な生き方を反映して複雑になり、

過去の制度が「経過措置」として残っているため、

さらに複雑になっています。
では、この複雑な年金制度をどのように

理解すればよいのでしょうか。

テレビの報道や雑誌の情報では断片的にしかわからない。

そもそも、テレビや雑誌の情報を理解するには基礎知識が必要です。

断片的な情報を正しく理解するためには、

ある程度の基礎知識を体系的に身につけておく必要があるのです。

スポンサーリンク

本といえば、本ですか?年金の本はかなり多いです。

ただ、年金の本はしっかりしたものが多いので、

年金制度の勉強をするには覚悟が必要です。凡人には難しいですね。

私自身、社会保険労務士の資格を取るための試験勉強で年金を学びました。

しかし、年金は難しく、とても苦しい思いをしました。そもそも、

社会保険労務士・社会保険労務士試験に合格したからといって、

年金制度をマスターしたことにはなりません。

スポンサーリンク

社会保険労務士試験といえば、かなり難しいですし、

社会保険労務士も年金の専門家として社会に認められていますが、

年金に強い社会保険労務士はほんの一握りです。そういう人は、

試験に合格して、さらに年金の勉強をしている人です。

年金はとても難しい。しかし、

そんな難しい年金制度を一般の方にわかりやすく伝えるのが、

年金の専門家である社会保険労務士の責務だと思います。

スポンサーリンク

考えてみれば、テレビや雑誌の年金報道が理解できる程度の

「自分の年金はどうなるのか」「一般の人が知っておくべき年金の基礎知識」

であるべき「基準」が確立されていないのではないか?と思うのです。

また、一般の人が理解しやすい「解説ノウハウ」という手法もまだ

確立されていません。つまり、このコーナーの目的は “そこ “にあるのです。

そのためには、まず「興味を持つこと」が大切です。

興味を持つためには、年金に関する話題性のあるものはもちろん、

年金の計算方法や年金の「損益通算」など、

多くの人が興味を持ちそうなものを取り上げていきます。

スポンサーリンク

報道で取り上げられているそれぞれの年金トピックを理解するためには、

年金制度についてある程度理解している必要があります。

したがって、逆に言えば、その話題を取り上げることで、

年金制度への理解を深めることができるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする