年金制度の早わかり安心計画一覧

年金の「前倒し」を選んだ人は、繰り下げの20倍超になっています

老後の生活に不安を抱かない人はいないだろう。その不安の多くは "年金が信用できない "というものです。確かに、制度の改悪が繰り返されれば、老後のライフプランを立てることはできません。そんな不透明な年金制度にどう対抗していけばいいのか。就職難の時代に社会に出て必死に働き、子供の教育費を捻出し、定年までは自分の家のローンや親の介護費用を負担していた。

共働きこそ「余裕のある最強の世帯」そのための3つのポイント

現在の収入を増やし、それをもとに投資して年金を増やすことで、老後の生活を楽しむことができます。共働きは、ハッピーリタイアの条件のひとつかもしれません。しかも、基本的な条件を満たしていれば、将来的にはさらなる上乗せが期待でき、老後のための「最強の家計簿」を作ることができるのではないでしょうか。

19・年金制度の基礎知識 「遺族年金・障害年金」の受給資格について

前回、老齢年金と遺族年金・障害年金の違いを「その時」というキーワードで説明しました。遺族・障害年金の支払いの原因となる死亡や障害(事故の原因となる事故や病気)がいつ発生するかは不明です(=保険事故)。したがって、老齢年金のように、年金加入履歴全体で支給される年金や年金額が決まるのではなく、死亡や障害の原因となる

NO IMAGE

17・年金制度の基礎知識さまざまな人生のサラリーマン

人にはいろいろな生き方があります。多くの男性は、就職したらずっとサラリーマンとして生きていきますが、中には辞めてしまう人もいます。反対に、一生自営業をする人もいれば、事業に失敗してサラリーマンになる人もいます。女性の場合は、結婚して専業主婦になる人もいれば、会社を辞めずに共稼ぎする人もいます。

16・年金制度の基礎知識第1号被保険者と保険料の滞納について

年金受給者はすべて国民年金受給者であり、国民年金受給者は3種類に分類されます。"第1号被保険者"、"第2号被保険者"、"第3号被保険者 "です。"第2号被保険者」は、厚生年金の均等加入者とサラリーマン。第3号被保険者」は被扶養配偶者、「第1号被保険者」は「第2号」でも「第3号」でもない「その他」です。

15・年金制度の「基礎知識定額年金」と「報酬比例年金」の意味

前回は、「二階建て年金」をキーワードに、年金・給付金の適用について解説しました。簡単にまとめると、日本の年金制度では、年金受給者はすべて国民年金受給者であり、3つのタイプがあります。"第1号被保険者"、"第2号被保険者"、"第3号被保険者" が分類されています。第2号被保険者」は厚生年金に加入していて、

14・年金制度の基礎知識・2階建ての年金とは?

"二階建て年金 "とは、サラリーマンの年金を示す言葉です。サラリーマンが年金受給者になると、報酬比例型の「厚生年金」と、固定型の「基礎年金」の2種類の年金を受け取ることになる。この性格の異なる2種類の年金を「2階建ての年金」と呼ぶ。サラリーマンは厚生年金に加入しますが、同時に国民年金にも加入することになっていて、

13・年金への不安・不満世代間格差をどのように認識していますか?

前々回から日本の年金制度の歴史を振り返りながら、年金の世代間格差について考えてみましたが、まだ少し続きがあります。昭和60年改正」は1946年(昭和21年)生まれの世代が対象で、年金計算式の「引き下げ」は完了していますが、1946年(昭和21年)以降に生まれた世代には何か違いがあるのでしょうか。

12・年金への不安と不満・格差を生んだ日本の年金制度の歴史

日本の年金制度の歴史は、終戦直後の高度経済成長期から1973年頃まで、低い「年金単価」を引き上げてきましたが、ここまでは年金制度の一般的な理論とは「逆コース」になります。実は、戦前の年金水準は先進国の年金制度と比べてもそれほど劣っていなかったのですが、終戦後は国民経済が疲弊していたため、年金額や年金保険料が減額されていたのです。

スポンサーリンク