50代でも老後資金は作れますラストチャンスを生かすポイント?!

◆50代で貯金がない人はどうすればいい?本当は若いうちから少しずつ、積立投資などで老後に必要な資金を作っていくのが理想ですが、50歳になって「貯蓄ゼロ!」という厳しい現実に直面する人もいます。貯蓄ゼロ状態から老後生活に必要な資金を作るには、どうすればよいでしょうか。

60才過ぎの保険の見直し・同じ保険の継続だとl大損もあり?

「60才」というと、かつてなら職場を定年退職し、年金を受け取り始める年齢だったが、今では「60代はまだまだ若い」というイメージ。60才を過ぎても働き続ける人が多い。しかし、まだまだ若いとはいえ、徐々に健康が気になってくるのも事実。さらには、収入が下がってくるというケースも多いだろう。

自動車保険の早期更改割引とは・どんな内容ですか?

自動車保険が安い金額で申し込める早期更改割引。これは早期契約割引ともいわれます。契約満期日よりも一定期間早めに契約を更改することで、早期更改のメリットを割引という形で還元する制度です。どうせ更改するのであれば、満期ぎりぎりまで放っておくのではなく、この割引を利用しましょう。

自動車保険に関する用語を子供でもにも分かりやすく解説します!! 

対人賠償保険 対人賠償保険とは、自動車事故で他人(第三者)を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。 自賠責保険(強制保険)から支払われる金額を超えた分が対象であり、歩行者や相手の車の運転者、同乗者などが含まれますが、運転者本人や家族は対象外となります。

自動車保険で「自動ブレーキ割引」で保険が安くなる?を解説します!

「自動ブレーキ」とは、歩行者が急に飛び出してきたり、運転者の不注意で目の前の車や障害物に気付かず衝突しそうになった際に運転者がブレーキを踏まなくても、察知して減速もしくは停止するシステムです。 正式名称は「衝突被害軽減ブレーキ」と言われ、その名の通り衝突の被害を軽減することが期待されています。

自動車保険は外車と国産車では内容がどう違いますか?

一般的に、大手の外資系の自動車保険は、国内で初めて通販型自動車保険の販売を始めたということもあり、ネット上での加入手続きがスムーズに行える特徴のある会社が目立ちます。今回は、外資系損保会社の自動車保険の仕組みを解説したあと、国内損保会社の自動車保険に違いはあるのかについて紹介します。

スポンサーリンク